教育と芸術

文化芸術の世界へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
文化芸術の世界へ

 

ひとつの愛の世界。
それは、文化芸術が花開いているでしょう。

誰もが、愛の中に生きていることを称え、源(ひとつ)であることを表現し、喜び合うことでしょう。

 

「芸術家(じんるい)よひとつの愛の中へ」より

私の愛する芸術家たちよ。

花を見、鳥の鳴く声を聞いて、とんぼの姿を見て、その色を見て・・
波の音を聞いて、本来の芸術を思い出しなさい。

すべての業は完璧なのだと。

私を称え、歌いなさい。

自然の中に答えがあり、宇宙の中に見える愛がある。

そこに心を・・あなたの夢と希望を託した時、それらは一致し、完璧になるのだよ。

もう時は満ち満ちている。
私の姿をつくる時だ。

完璧な愛の形を・・・

すべてを完璧とし、愛によって愛にのみ、祝福を与える時だ。
それが、芸術だからね。

 

たとえば、源というひとつの舞台。

本当に、素晴らしいでしょうね!

芸術家たちは、こぞって腕を振るい、愛を謳い、観客とひとつとなって感動し酔いしれるでしょう。

そんな素晴らしい源という舞台を、この「地球全体」に展開するには。

それは、一人ひとりが本当に源として輝いていてこそ。

先ほど、ご紹介させて頂いた本のタイトルも、芸術家よ(じんるいよ)となっていますね。

そう、芸術家とは全ての人間。

愛(源)として生きる心を大切に育てるみち。

【本物の自分を生きるには、本物の世界に生きること】

芸術を愛する皆様に、そして、自分もそこで生きてみようと思われる方々に。

是非、ひとつの世界建設へご参加頂きたいと思います。

愛(源)を愛し、愛(源)として生きる世界へ。

すべての生命を慈しみながら。

 

「芸術家(じんるい)よひとつの愛の中へ」より

芸術家よ、手を上げろ・・・

私は歌がすきだと、私はダンサーだと・・・ 私はバイオリニスト、私はピアニスト、

私は画家、私はデザイナー、私は役者・・・まだまだあるだろう。

そう、自分の専門を紙に書いて、見やすい所に貼って、毎日唱えてごらん

この子と出会わそう 私の業たるこの子に・・・

さぁ、わたしの歌が始まった

幕があがる

 

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コメントを残す

*