教育と芸術

愛(源)の力 意識しづらい時は

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
源の力 意識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPスクール 学びがあり教室より~ 【 意識しづらい時は】 

 

> こんにちは。
>
> 愛(源)の力をやるときに
> さっと入りにくい時があります。

 

【富士実さん】
確かにそれはありますね。

 

> どういう意識でやろうなどと考えたり、
> 感じようと意識過剰になってしまったりします。

 

そうですね。

 

> また、身体の凝りなどに気を取られて
> うまく集中できないこともあります。

 

これらも大変ですね。

> こういった時にどうするとよいのかアイディアがあれば
> よろしくお願いします。


わたしは、こんな時、危機のような時、
これらに負けないように、愛(源)の力誘導文のように遣ります。

具体的には、より簡単に、「源、光、愛」についてを少しでも考えられるようにします。
(そんなときこそ強く意識します。他の事には目もくれず)

すると、意識したことになりますから、後は、愛(源)の応答を待ちます。
自信を持って待ちます。(それには普段から自信を付けて置く必要があります)

愛(源)の力、いつでもどこでも遣って下さい。

あらゆる場面でどうぞ。

>深いですね(^^)
> しっかり愛(源)を意識する、あとは委ねる。
>自分のやっていることに自信を持つ。
>それには私はちゃんとやっていると思えるようにやってみる。
>そういうことですね。

>ありがとうございます。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コメントを残す

*