教育と芸術

愛(源)について

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
源

私たち人間は、源を探求してきたようです。
それは主に、宗教、哲学、科学などを通じて。

様々な源を創りだしてきたのも、また人間でした。

人は自分が分かる範囲の愛で、源というものを捉え、また体験してきたのでしょう。
それがいいとか悪いとかではなく、源を探求してきた私たちの姿でした。

でも、それらを全てまとめることが出来るのは
本当に「ひとつの世界」を創ろうとする時なのでしょう。

愛(源)を探求してきた人間が、自分と離れたところに愛(源)を探すのではなく
愛(源)と一体となって生き、ひとつの愛を表現する時。

SPでは、今までの人類の歩みも否定することなく、全てをひとつにまとめ
今、本当に愛(源)と共に生きる世界を実現しようとしています。

SPの源(総合の源)
「科学的であり芸術的な表現の愛(源)なのです。」

源をひとつにしていくことで、“全てが愛(源)” であることを体験していける

それがSPが始めている「Way of Life」(命のみち)内容であり、
そこから花開くのが、愛(源)を謳う文化芸術の世界ですね。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コメントを残す

*